漢方

20 1月 2014 by admin, No Comments »

大人にきびの治療の方法として、漢方があります。漢方は西洋医学に対し、東洋医学であり、体質改善をすることで、悪い個所も治していくという考え方に沿っています。化学薬品ではなく、生薬煎じて飲みますから、この点だけでも、体に良い影響を与えてくれますし、肌にも良いと言えそうですね。漢方薬はドラッグストアーでも購入できます。しかし、漢方を飲むにあたり重要なことは、自分の体質に合った漢方を飲むことです。自分の体質とは違う方向けの漢方を誤って飲んでいても効果は上がりません。漢方は自分の体質を基に、治したい事に効果が期待できるものを選んで飲むことが大切です。ここのところを素人判断で行ってしまうのには危険が伴ないます。ですから、できれば医師の下で処方してもらうことが理想です。最近は皮膚科でも漢方を処方してくれます。自分に合った漢方を処方してもらい、飲み続けることで、体質改善が進み、大人ニキビも治っていくことでしょう。漢方では、体質改善をしてから、悪い所を治すのが基本ですが、患部に焦点を合わせた処方をしてもらう方法もあります。
その人の特徴に合わせた漢方を処方するのです。ピンポイントで治療をするのです。どちらの方法でいくかは、医師の判断、そして医師と相談して決めるのがいいでしょう。

お尻のニキビを治すには?

Leave a Reply

Follow Me!

Follow Me! Follow Me! Follow Me! Follow Me!